Latest Posts

ジュエリー選びのセンス

女性に贈るジュエリーは、特別な意味のあるものが多いのです。誕生日の時の記念のプレゼントや、エンゲージリングなど、様々な時にジュエリーをプレゼントとして選ぶことが多いのです。

しかし、男性が女性にプレゼントをする場合、どのようなジュエリーを選ぶかによってもセンスが問われることでしょう。ジュエリーを選ぶ時には、後で価値が下がり過ぎないものを選んでいくこともとても重要なことなのです。
もし、彼女の為に宝石を購入し、相手が気に入らなけばブランド買取のファイングッズのようなサイトで買い取って頂くのが良いでしょう。

ジュエリーは大きく二つの選び方があります。まず、プラチナやゴールドだけを使ったジュエリーの場合、ブランドジュエリーを選んだほうが賢明です。ブランドジュエリーは、いつでも一定の人気があります。

ジュエリーブランドは、人気のあるものが、ティファニー・カルティエ・ブルガリです。また、ハイジュエリーではハリーウィンストン・ピアジェ・ショーメなども人気があります。これらは、比較的低価格のプラチナやゴールドのアクセサリーでも、のちのち価値が落ちてこない逸品でもあります。女性に贈る場合であれば、このような老舗のものを選んだほうが喜ばれます。

さらに、宝石を購入する場合であれば、大きさやカラーの良いものを購入したほうが良いのです。たとえば、ブランドジュエリーではなくても、宝石自体の品質が高いと、いつまでも価値を失いません。ダイヤモンドなどを選ぶ場合にも、やはり4Cが充実したものが品質が高いです。4Cとは、カラット・カラー・カット・クラリティを指すもので、これが高いもののほうがより品質が高いのです。

しかしながら、全部がとても揃ったものはとても高額になります。そんな場合はカラットを一番優先し、カットを二番目に考え、三番目にはクラリティを考え、カラーはそれほど気にしなくてもかまいません。大きさがあり、プロポーションがよく、ある程度の透明感と輝きがあれば色については肉眼ではわかりにくいのでこだわることはありません。

このように、様々なジュエリーの決め方はありますが、女性の好みなどもしっかり聞いた上で、プレゼントをジュエリーとして選ぶことが最も大切なのです。

アクセサリーの買取

ブランド指向はバブル期に比べておとなしくなってきましたが、現在でも人気の的です。
以前スイスの「ゼニス」というメーカーの「レインボー・フライバック」という時計を購入しました。
その時は、45万円程で購入しました。

この時計の特徴はメーカーによる、エルプリメロという高精度のクロノグラフムーブメントにあります。
一時期ではありますが、ロレックス「デイトナ」のムーブメントとして供給されていたほどです。
文字盤はパイロット向けに設計されていてちょっとカラフルになっています。
無反射コーティングのサファイアガラスは、太陽の真下でも視認性がとても良くなっています。
ちょっとゴツいステンレスケースは、重量もあり存在感があります。
性能も大変良く、日差は日によって微妙に違いますが平均で5~8秒くらいでした。

しかし機械式時計はメンテナンスにお金がかかります、そこを考えに入れていなかった私は手放すこととなりました。
査定は何軒かしてもらいましたが他のブランドと違い、有名どころではなく人気機種ではないようでした。
中にはただ眺めただけで「○万円ですね」と、なんともいい加減なお店もありました。

そこでこの地方ではCMも流している、ショップで査定をしてもらいました。
入店するとスタッフの方が親切に買い取りまでの流れを説明してくれました。
身分証明となる運転免許証などの提示をすればあとは査定へとうつります。

必要なのは、箱・ギャランティー・付属品があればバッチリです。
自分でも前もって綺麗にしておく事も査定額アップには必要です。
その場でいろいろとお話ししながら査定してもらって提示された額は12万8千円でした。

他店でもほぼ同じ金額でしたし、スタッフの方の対応が良かったのでそのままお願いしました。
書類にサイン等をして代金を受け取りました。
帰り際にもスタッフの方がこえをかけてくれたのは好印象でした。
さらに店の前で「ありがとうございました」と見送りしてくれたので、お買い上げのお客さんみたいで気分は良かったです。

今ではリサイクルというキーワードはかなり浸透しています。
こういった買取に抵抗をあまり感じないで済むショップに巡り合えるとうれしいですね。

スタージュエリーとは

スタージュエリーとは横浜の元町に本社を置くジュエリー販売の会社です。
スタージュエリーといえばハマトラファッションにはなくてはならないアイテムとして昔から皆に愛されています。
1946年の設立以降、今では全国に店舗を構える大手ジュエリー販売会社へと成長しています。
今では全国に48店舗を展開していますので、自宅の近くにもきっとスタージュエリーがあるかもしれませんよ。
スタージュエリーのこだわりは品質、デザイン、サービスといった全てにおいて最高のものをお届けすることを第一に考えています。
宝石に一番大切なのはやはりその品質です、スタージュエリーではスタージュエリー基準という厳しい基準をもっているため、それを乗り越えた確かな宝石だけが世にでる仕組みになっています。
ダイヤモンドの選定基準は米国の宝石学協会の基準に合わせたエクセレントカットの中からさらにスタージュエリー基準に合ったものを厳選していますのでそのプロポーションと美しさは群を抜いています。
スタージュエリーはメイドインジャパンです、国内生産であるからこそ安心の保障を受けることができるというわけです。
購入したリングがいつまでも輝きを持つためにスタージュエリーでは様々なアフターサービスを提供しています、女子大生が良く使うスカート通販でもこのようなサービスは展開しており、
こういったサービスが可能なのは自社工房による一つ一つ手作りされているからこそです。
スタージュエリーはそのデザインにもこだわりを持っています、やはりこういった宝石に必用なのはオリジナリティです、同じものは二つとない、そんなジュエリーこそ魅力的ですよね、スタージュエリーならその点すみずみまでこだわった繊細なデザインで他と差別化を図っています、そのためつけているだけで皆の注目の的になります。
開設当時からブライダルリングにこだわってきたスタージュエリーだからこそできるオリジナリティあふれるリング、一生をともにするブライダルリングはそのつけ心地も重要です、そのつけ心地はまさにしっくりと指になじみ、なめらかなつけ心地に仕上がっています。

30代に人気のジュエリー

30代女性に人気のあるジュエリーについて、二つの側面から考察します。

■定番ブランドで自分の価値を高めたい
BVLGARI(ブルガリ)、Cartier(カルティエ)、Tiffany(ティファニー)あたりは、
ひとつは持っておきたいと考える人が多いでしょう。
これらのブランドは、「30代の大人の女性として、ステータスとして持っておきたい」という
理由からの人気なのだと思います。
社会人としてある程度安定してきており、自分の価値を高めたい、いい女でいたい…
と考えたとき、これらのブランドジュエリーはもってこいなのです。

ブランドジュエリーは、そのブランド独特のデザインであったり、ブランドロゴが入っているために
「私はブランドジュエリーを身に着けている」という自信につながります。
仕事を頑張って自分のご褒美に買ったにしても、彼氏や旦那に記念日のプレゼントとして買ってもらったにしても、
自慢できるジュエリーに間違いありません。

■長く使えるシンプルなデザイン重視
AHKAH(アーカー)、ete(エテ)、atate(アガット)。
このあたりも30代女性には人気のブランドです。
先に挙げた、ブランドジュエリーよりはややお手頃になります。
これらのブランドに共通するのは、「シンプル・上品・華奢」。
10~20代までは、キラキラ、派手目な装飾、おおぶりなデザインなどでもかわいらしく着けられますが、
30代になってくると、やはりジュエリーを「かわいらしさ」だけで選ぶことはしません。
さらっと身に着けられ、どんな場面でも活躍できるジュエリー、例えば一粒ダイヤのネックレスや
パールなどが30代女性に選ばれています。

上記のように、二つの側面から30代に人気のジュエリーについて記してきましたが、
人によってジュエリーの選び方は様々です。
自分にあったものをと突き詰めてこだわるのであれば、オーダーメイドという手もありでしょう。
30代は、色々なジュエリーも素敵に身に着けられるとても素敵な時期だと思います。

 

 

Tiffany(ティファニー)の人気ぶり

ティファニーというと、オードリーヘッバーン主演の「ティファニーで朝食を」を思い浮かべるのは私だけではないでしょう。映画に出てくるティファニーショップの印象は、今でも日本のどこのティファニーショップに行っても、共通して感じることができます。同じ雰囲気をずっと維持している事は凄い事だと思いますし、人気が衰えずに継続している事も凄い事だと思います。

一昔前ですとティファニーは高級なブランドというイメージが強くありましたが、最近では身近なブランドになりました。
長引く円高と、商品の流通量が増えたからでしょう。

そんなティファニーの人気の秘密をいくつか紹介したいと思います。

ポイント1
変わらないイメージ。
ティファニーのイメージは色でいうと白ではないでしょうか。
そして包装は水色。商品はシルバーです。
この組み合わせはずっと変わらず、ティファニーの清楚なイメージを維持するのに役立っています。

ポイント2
ティファニーショップで感じるのは、光の使い方です。
ここでもイメージは白です。
宝飾品というとどちらかというと少し妖艶なイメージに走るブランドも多々ありますが、ティファニーは一貫して清楚なイメージを貫いています。
まさにオードリーヘッバーンのイメージが店舗にも共通して存在するのです。

ポイント3
ティファニーの清楚なイメージは、女性ばかりではなく、宝飾品をプレゼントする側の男性にとっても魅力の一つです。
プレゼントとしても間違えなく喜ばれるでしょう。
送る男性のイメージも、真面目に付き合ってくれているんだなと感じさせる力がティファニーにはあります。
送る男性にとっては、ティファニーのイメージは誠実という文字が適当でしょう。
そういった意味では、プレゼントとして人気があるのはうなずけます。

また、シルバー製品は、なんとなく結婚もイメージさせます。
男性にとっては相手の女性に誠実に付き合っている印象を与えられるブランドなのです。

彼女にジュエリーをプレゼントするなら

女性が男性からもらってうれしいプレゼントとの一番人気と言えばやはりジュエリーではないでしょうか。
もちろんどんなプレゼントでも心がこもっていれば嬉しいですし、高価なものでなくてもいいのですが、ジュエリーは身につけるものなので、いつも肌身離さず一緒にいられる、いつでも彼のことを思い出せると、気持ち的にもテンションが上がるプレゼントです。
もし彼女にジュエリーをプレゼントするなら、どんなことに注意すると良いでしょうか。
サプライズで彼が自分ひとりでこっそり買いに行ってプレゼントしてくれる。
これも彼女にとっては驚きと感動で嬉しいことかと思います。
ネックレスやピアスなどはこの方法に問題ないのですが、注意すべきは指輪です。
女性の指のサイズ。ぱっとみて分る男性はいますか?
おそらくほとんどの人が分らないと思います。
急に指のサイズを測らせてというのもおかしいですし、何といっても驚かせたいと思っている男性には出来ません。
このような時慣れている男性は、彼女が寝ている時に糸や紙などをさりげなく巻いてみて、測ったりするそうです。
そこまでしてくれる男性はなかなかいないでしょう。
一番女性がつらいのが、もらった指輪が入らないということです。
小さめのサイズを買って来られて恥ずかしい思いをするということも。
大きめであれば後ほど彼女と一緒にお店に行き直してもらうこともできるので、世の中の男性は、あまり小さいサイズを買わないように注意してくださいね。
一番喜ぶのはやはり、一緒に店舗に行って彼女に好きなデザインを選ばせてあげて、サイズを調節してもらうことかと思います。
サプライズをしたい場合はサイズの関係ないネックレスや、ピアスなどのジュエリーがお勧めかもしれませんね。
もしくは、指輪の箱に手紙だけしのばせてプレゼントして。あとは一緒にお店で君のサイズに合わせて作るよ。
と言って一緒にデートをしながら受け取りに行くなどという演出も素敵かもしれません。